真皮のダメージが3週間以上続くとクレーターのようなニキビ跡として目立ってしまうのでそれは何とかして阻止をしたい

真皮のダメージが3週間以上続くとクレーターのようなニキビ跡として目立ってしまうのでそれは何とかして阻止をしたいと考えています。クレーターのようなニキビ跡はファンデーションやbbクリームでもうまくカバーできないので、恥ずかしいです。

鏡に自分の顔を映したときの目立つ所にひどいニキビが見つけたら、皆さん押しつぶしてみたくて思い悩んできます。毛穴から、原因となっている白い皮脂の塊が出されます。芯さえ無くなってしまえば無くなると、大体の方が思っていると思われますが、ニキビを潰してしまう行為は実は絶対にしてはいけません。ニキビ芯を出す過程は、面皰部を除菌し、先の尖った道具又はレーザーでニキビの白い芯に照射をします。次に専門の棒で、毛穴の奥にある芯を押し出します。ニキビの先端に穴を開けるとなると動揺が聞こえます。しかしわずかの期間ささやかな残痕が残りますが、じき目立たなくなります。ニキビを押し出してしまう良いところは、綺麗に出し切ることで治りが非常に早く感じられます。余分な脂分やばい菌を追い払い、併せてニキビ跡もおおかた出きることが可能なので、あらかたのおとなニキビを巧みに治せます。痕跡も留まるようなことはまずございません。また最近は、旦那の活力不足が深刻なので、ゼルタインを飲んでもらっています。ゼルタインについての詳しい説明はこちらのサイトでよくわかります。
ゼルタインの購入ができる通販はここ